西宮市の鍼灸・リンパマッサージ・整体・リラクゼーション

西宮北口でダイエットなら|西宮市のChuRa鍼灸院

西宮北口でダイエットをお考えの方はChuRa鍼灸整体院 西宮北口へお越し下さい

ダイエット ビフォーアフター

昔に比べて全然痩せない
バストが下がってる… お腹が痩せない。脇肉が気になる… 下半身が…身体のたるみが…

エステでダイエットしてみたけど、通わなくなったらリバウンド…
食事制限しても続かないしとお越しになられたO様の半年後の結果。

【施術コース】コンディショニング・経絡リンパマッサージ ※効果には個人差があります。

「痩せただけじゃなく、カラダが引き締まってオシャレを楽しめるようになりました。」
「小顔になったし、肌や髪にツヤが出てきて、友人に「若くなったね」と言われちゃいました。」
と喜びの声を頂きました

痩せたい!キレイになりたい!30代、40代、50代…からでも遅くありません!!
食事制限で体重、筋肉を落とす不健康なダイエットはやめて健康的に美しく。
一生付き合っていくカラダ、目先だけのダイエットだけにとらわれないこと。
頑張り過ぎず、ゆるーく継続、飽きないないこと、習慣化させることがダイエットの近道です。

たるみの原因

ダイエットを始めてもなかなか痩せない。
30代、40代、50代、年齢を重ねるごとに痩せにくくなるし、たるみが…

そんなカラダのたるみの原因は

年齢とともに女性ホルモンが減少する事で基礎代謝も低くなり脂肪が溜まりやすくなります。
その上、運動量も少ないので筋肉が衰え、しまりが無い体型になってしまいます。

たるみの元になるのは、たるみ物質=EMCL【筋細胞外脂肪】←これは筋肉の繊維の間に増えていく特殊な脂肪です。
牛肉でいうと霜降り。
この状態になると、筋肉のハリが低下して皮膚や皮下脂肪の重さを支えきれなくなり垂れ下がってしまいます。

そして、新しい筋肉が出来る時の素になるのが筋衛星細胞。
これが、筋肉になるには筋肉を伸び縮みさせる動きが欠かせません。

運動不足などで筋肉の伸び縮みを怠っていると筋衛星細胞が成長せずになんと脂肪細胞に変わってしまいます

無理な食事制限によるダイエットもたるみの原因になります。
食事制限で、たんぱく質不足になると筋肉が痩せてしまい、たるみに繋がってしまいます。

急激なダイエットやエステは皮膚のたるみにも繋がります

運動を取り入れてカラダを引き締めながら、少しずつ体重を落とすことが、カラダのたるみ改善への近道です。
さらには、この先の健康に美容に繋がるのでおすすめです。

無理なダイエットはやめよう。

30歳前後になると、一般的に基礎代謝が低下します。

それに気づかず、同じ生活をしていると、摂取カロリーが消費カロリーを上回り、徐々に太る傾向にあります

また、基礎代謝、筋力の低下とともに、水分代謝やホルモンバランスも乱れるので、太る原因にもなります。

そこで、多くの方がされるのが無理なダイエット
無理なダイエットは筋肉量が減るので、基礎代謝が落ち、なかなか体重の落ちない停滞期を迎えます。

その結果、ダイエットに挫折、反動でリバウンドとなってしまいます。
そうならない為にも、無理なダイエットはやめましょう。

体温が低い(36度以下)
血圧が低い
顔色が悪い・肌が荒れやすい
冷え症である
体がむくみやすい
疲れやすく・回復しにくい
肩こりや腰痛がある
カラダを動かすのがおっくうである
あまり汗をかかない
二日酔いが抜けるのが遅い
二の腕がたるんできた
食べる量が変わらないのに太ってきた

こういった方は代謝が落ちているので特に要注意です!

ダイエット中の朝ごはんに必要な『3大栄養素』

ダイエット中でもしっかり朝ごはんを食べていますか?
「朝は忙しくて…」
そんな理由で朝ごはんを抜いている方が多いのではないでしょうか?
実は、朝ごはんにはダイエット効果を高めてくれるありがたい要素がたくさんあります

朝食に必要な『3大栄養素』

朝食時に“ある3つの栄養”を摂取することで、ダイエットの効果を大幅に高めてくれるんです

①タンパク質

タンパク質と言うと、“太る”というイメージを持っている方が多いのではないでしょうか?
実は、タンパク質は筋肉を作る働きがある、ダイエット中には特に欠かせない栄養素のひとつです!
タンパク質を摂取し筋肉を増やすことで、代謝がアップし痩せやすいカラダを作ることができます

②糖質

「糖」という文字があると、どうしても“太る”というイメージを持ってしまうかもしれません。
しかし、糖質はカラダを動かすのに欠かせないエネルギーです。
糖質が不足するとカラダに力が入らなかったり、体力が薄れてしまったりして、ダイエットに必要な運動が思うように行えなくなってしまいます。

ただし、糖質に関しては摂りすぎにも要注意
必要以上に摂取すると脂肪へ変わってしまいます。
朝食であれば、白米をお茶碗に軽く盛るくらいが理想です。

③脂質

脂質に関しては、良質な脂を選び朝食に摂取することが重要です。
“太る”イメージがありますが、カラダにとって重要な働きをしてくれる栄養で、数ある栄養素の中でも最も高いエネルギー源になっています。

ただし、糖質と同じように摂りすぎには要注意です

ちなみに、朝食におすすめしたい食材はアボカド。
アボカドにはオレイン酸が含まれており、腸内環境を整える働きによってデトックス効果や美容効果も期待できます。
ぜひ、明日から朝ごはんに上記3つの栄養素を取り入れて、効率的なダイエットを行ってくださいね

ダイエットの基本!代謝のいい『痩せやすい身体』を作るポイント

巷にはたくさんのダイエット方法が溢れかえっていて、どの情報が本当なのか…頭を抱えている方も多いかと思います。
ダイエットで一番大切なのは、“基礎代謝を高めて痩せやすいカラダ”を作ることです

では、どのようにしたら“痩せやすいカラダ”を作ることができるのか?

代謝のいい“痩せやすいカラダ”を作るための大切なポイントをお伝えしていこうと思います。

①『食べない』は逆効果!栄養はしっかりとって!

極端な話、ただ単に体重を落としたいだけなら、食事制限をすれば簡単に痩せることができます。
しかし、ストイックな食事制限で体重を落としたって、決して健康的な痩せ方とは言えません。
骨が浮き出て顔色も悪くなってしまいますし、食事制限だけでは“美しいカラダ”は手に入りません

ダイエット中の食事で特に気をつけて欲しいのが、『栄養を含む食事をしっかりとる』ということ。
ただし、糖分などの制限するべき栄養が高い食事は控えるのも重要なポイントです。

“食事を減らす”と体重が減るのは事実ですが、代謝のいい痩せやすい体を作るには“バランスの良い食事をとる”ことが必要不可欠になります。

②代謝の良い“痩せやすいカラダ”を作る栄養素3つ

“痩せやすいカラダ”を作るために、進んで摂取してほしい栄養素は以下の3つです。

・食物繊維(玄米、納豆、こんにゃく、ごぼう、白菜、キャベツなど)
便秘を解消する、コレステロールを下げる、食後の血糖値の上昇を抑える

・タンパク質(鶏むね肉、卵、チーズ、大豆など)
筋肉を作る、糖代謝を促進する、コレステロールを下げる

・カルシウム(牛乳、乳製品、小魚など)
骨を強化する、運動機能を維持する

よく、「タンパク質は太ると思って控えていた」という方がいますが、タンパク質は女性にとって大切なコラーゲンの一部ですし、筋肉を作ってくれる重要な栄養素です。
筋肉がないと“痩せやすいカラダ”も作れません。

③続けることが大切!有酸素運動で美しいカラダを作る

“痩せやすいカラダ”を作るためには、栄養だけではなく運動も忘れてはいけません。
特におすすめしたいのが、ウォーキングやランニング、エアロバイクなどの有酸素運動。

有酸素運動は、激しい運動に比べて穏やかなものなので続けやすく効果も高いダイエット方法です。
有酸素運動のコツは、“息を切らさない”こと。
慣れてきたからと言って、ペースを上げる必要はありません。
あまり激しい運動になってしまうと呼吸ができなくなりカラダに負荷を与え、脂肪の燃焼に必要な酸素を取り入れることができなくなるので逆効果です。
有酸素運動をするときは、自分のペースで!楽しく!続けられるように!を目標にしてみましょう。

糖分を摂取しながらダイエット

みなさんはどんな時に甘いものを食べたくなりますか?
疲れた時、お酒のおとも、いろいろあると思いますが、そもそも甘いものが、なぜカラダに必要なのか?

”甘い物=糖”と考えると糖は脳の唯一のエネルギー源であり、カラダにとって、すぐにエネルギー変わる栄養素なのです

なので、疲れた時に食べたくなるのは必然なんです。
ですが、甘いもので気になるのは太ってしまうことですよね

なぜ太るかは想像がつくかと思いますが簡単にいうと、エネルギー源の糖が各細胞に溜まってしまうからなんです。

では、いったいどのように甘いものを食べるといいか?

15時までに食べるのが理想なんです
糖を消化する酵素の働きがピークなのが15時なので、その30~60分前が消化吸収のベストなタイミングなんです。
このタイミングだと消化しやすいにプラスしてエネルギーとして代謝しやすくなるんです。

逆に消化吸収の悪い時間だと体内に溜め込もうとしてしまい…そのまま脂肪などになってしまうんです。

最後に糖を使う運動の紹介。
強度の高い運動が一番糖を使うとされていますが、脂肪に変わった物は脂肪を減らすしかありません。
脂肪を減らす運動は糖とは対照的に強度の低い運動なんです。
なのでスクワット、縄跳び、ランニング、スイミング、早いウォーキングなどがオススメの運動です。

「甘いものは別腹」

「甘いものは別腹」
この言葉、聞いたことありますよね?

満腹状態でも、デザートなどの甘味なら食べられてしまうという、あの状況です。
当然、別腹があるわけでもなく食べた分だけ蓄積されます。
もちろん、エネルギーとして消費もされます。

満腹状態でもあるにも関わらず食べられてしまうのは「オレキシン」というホルモンが原因です。

女性の方が食べた時に美味しさや、喜びを感じやすくなっているので、余計に満腹状態でも食べられてしまうのかもしれませんね。

別腹と言っても、少しでも抑えたいですよね

食後に食べるのであれば、食前にシフトチェンジするのも良いかもしれません。

よく子どもに、「食事の前にそんなに食べたら、入らなくなるよ」などといい、食前のおやつを制限したりします。
子どもの場合は、成長に必要な食事の摂取の妨げとなるので、制限が必要です。
ただし、これを大人がすることは悪いことではないかもしれません。

人間の身体は、空腹になると糖を必要とします。
運動選手など、アスリートは糖分の補給を怠りません。つまり、エネルギーとしての役割を担っています。
食前に糖分を少し摂取することで、空腹状態が緩和され、食欲が抑えられるのです。

飴1個でも良いですし、“一口だけ”でも良いので、食べてみてはいかがでしょうか。
その後の食事の量が抑えられ、食後のデザートの量も減らせるかもしれませんね。

※あくまでも食事の摂取量を減らしたい方への提案であり、栄養は摂ってくださいね。甘味の推奨ではありません。
甘味と上手に付き合いたいですね

ながら運動で消費カロリーアップ!

ダイエットやボディーメイクで欠かせない”運動”

きっと運動と聞くと「ジムやウォーキングに出かけないといけない」と思いますよね。
しかし、運動のためだけに特別時間を取る必要はありません。
意識さえあれば、いつでもどこでも運動ができます

今日は簡単で辛くない「ながら運動」を紹介していきます

1.テレビを見ながら内転筋を鍛える

ゴロンと横になりながらテレビを見ている時に、内転筋を鍛える運動をしてみましょう。
内転筋とは内ももにある筋肉のこと。内ももの隙間作りや、座っている時についつい開いてしまう足を閉じやすくできます。

1.身体の左側が下になるように横になる。
2.右脚を左足の前に出す。踏ん張るように足の裏を床につける。
3.左脚のかかとが平行になるように調整しながら、上下に動かす(10〜20回×3セットを目安に)
4.反対側も同じように行う。

2.ドライヤーをかけながらその場でスクワット

ドライヤーをかけながら立っている間を有効活用して、下半身の引き締めを!下半身全体を鍛えたいなら、スクワットガ有効的です

1.足幅は肩幅よりも少し広い位置に置く
2.椅子に座るようなイメージでお尻から身体を沈める(無理のない範囲でなるべく低く)
3.立ち上がる→しゃがむを繰り返す(10〜20回×3セットを目安に)

3.いつでもどこでもドローインをして腹筋を鍛える

ドローインとは、お腹を凹ませる腹筋運動のこと
クランチなどとは違い場所を選ばないので、通勤通学中や家事をしながらでも行えます

1.背筋を伸ばし、胸を張る
2.お腹を思いっきりヘコませ、そのままキープ(30秒〜1分間)
3.お腹を楽にする→再びヘコませるを繰り返す

のんびりしている時間や、何気ない時でも運動はできます
小さな積み重ねも、繰り返せば大きな結果に繋がります。
普段の生活にながら運動を取り入れて、美ボディーをゲットしましょう

痩せ体質になる方法

痩せやすい体質 = 脂質を多く消費してくれるカラダ。
痩せやすい体をつくるためには、「寝ている間もエネルギーを消費する」ようになるのが一番です
つまり、体温維持、心臓を動かしたりといった必要最低限なエネルギーである基礎代謝をアップさせることが必要となります。

基礎代謝は、10代をピークに減少していくので、「基礎代謝をあげよう!」と思う時には、もう基礎代謝が低下している場合が多いです…
低下するとは言え、痩せやすい体を目指す為にも、基礎代謝を維持していくことは大切なポイントになります。

【赤筋】

基礎代謝をアップさせるには、筋肉の中でも特に「赤筋」を鍛えることが重要です。
赤筋は筋肉内にヘモグロビンが多く、長時間の運動を可能にし、脂質を消費してくれます。

赤筋を鍛える簡単な方法は、有酸素運動を行う事やストレッチを行う事です。
でも、有酸素運動にはある程度の時間が必要となる為、継続して行うのは困難な方、忙しくて時間がとれない方は、背筋のストレッチがおすすめ
背骨を支える背筋には、赤筋が多いため効果が上がりやすいだけではなく、背筋が伸びるとスタイルが良く見えるメリットもあります。

【睡眠】

痩せやすい体を作るために、欠かしてはいけない睡眠
睡眠不足が続くと、ホルモンバランスが乱れること知られていますが、乱れてしまうホルモンの中に、ダイエットと関係のあるホルモンがあります。
食欲を抑制する「レプチン」と呼ばれるホルモンは、睡眠不足で減ってしまい、食欲を増進する「グレリン」というホルモンは、反対に増えていってしまいます。
つまり、睡眠不足が原因で、食べすぎになってしまう事も…

痩せやすいカラダづくりの為にも、しっかりした睡眠をとっていきましょう。

ダイエットの成功の秘訣

・ダイエットしても、結局リバウンドする
・ジムに入っても、結局行かなくなる
・食事制限しても、結局我慢できずに食べてしまう

よく聞くフレーズですね。

ダイエットを成功させるには、続けるための習慣化や挫折を防ぐメンタル(精神力)を作ること が重要で、ジムでトレーニングやエクササイズするよりも大切なものです

おそらくですが、ダイエットを始めても、途中でやめてしまい成果を得ることが出来なかった。
また、痩せたとしても続けることができずにリバウンドしてしまった。
という方は少なくないのではないでしょうか。

まぁ~現に、日本は毎年様々なダイエット法が流行していますね。
書籍の売り上げトップには、必ずといっていいほどダイエット本が名を連ねています。

ですが、何故ダイエット本がこんなに売れているのにもかかわらず、痩せている人より肥満の問題を抱えてる人が多くなるのか不思議ではありませんか?

ほとんどの方は、ダイエットはちゃんと始めているんです

ですが、続けることが出来ず途中で挫折、そして新しいダイエット法に手をつける。
こんな感じで効果が出る前にダイエットをやめてリバウンドを繰り返すので、ダイエット本は売れても売れても痩せている人は増えないという事なのです。

じゃ~どうすればダイエットが成功するのか??

答えは皆さん知っているはず。
そう『続けること』です。

アスリートではなく、ただ痩せることだけを目的としている人なら、一つの方法を集中して続けた方が効果は出るしダイエットに成功します。

もうリバウンドという言葉とはさよならをして、人生最後のダイエットを始めて健康的で美しいカラダづくりを始めましょう。

友だち追加
お友達追加でLINEからも
『ご予約』『お問合せ』できます

西宮北口でダイエットをお考えの方へ
甲子園口・西宮・芦屋・宝塚・尼崎・夙川・苦楽園口・門戸厄神・甲陽園・岡本・御影・武庫之荘などからも来院されるChuRa鍼灸院
阪急西宮北口駅から徒歩7分、甲子園口から自転車で8分の場所にあるプライベートサロンです。
20年の経験を持つ院長(とーちゃん)とオイルリンパマッサージ担当のかーちゃんで営業中。
一人ひとりのお客様を大切に、いつ来られても「ほっ」とできる、くつろいでいただけるサロンとの思いから完全予約制にしております。
今ある痛みを取り除くのはもちろん、痛みや不調のある部分のみを触るのではなく、
カラダ全体のバランスをみていき、根本原因がどこにあるのか、お一人おひとりに合った安心安全な施術を心がけております。
皆さまのご来店を心よりお待ちしております。

関連記事

西宮北口でオイルリンパマッサージなら|西宮市のChuRa鍼灸院

西宮北口、甲子園口でリンパマッサージ・オイルマッサージをお探しの方はChuRa鍼灸院 西宮北口へお越…続きを読む ≫

出っ尻改善&下半身太り解消!!|西宮北口のChuRa鍼灸整体院

西宮北口、甲子園口で出っ尻&下半身太りでお悩みの方はChuRa鍼灸院 西宮北口へお越し下さ…続きを読む ≫

顔のたるみ解消に美容鍼|西宮北口のChuRa鍼灸院

西宮北口で顔のたるみ解消をお考えの方はChuRa鍼灸院 西宮北口へお越し下さい Contents1 …続きを読む ≫

お客様の声(経絡リンパマッサージ)|西宮市のChuRa鍼灸院

西宮市で経絡リンパマッサージをお探しの方はChuRa鍼灸院 西宮北口へお越し下さい ちょいちょい話に…続きを読む ≫

垂れ尻解消ヒップアップなら|西宮北口のChuRa鍼灸整体院

西宮北口・甲子園口で垂れ尻解消・ヒップアップをお考えの方はChuRa鍼灸院 西宮北口へお越し下さい …続きを読む ≫

顔のむくみ解消に美容鍼|西宮北口のChuRa鍼灸院

西宮北口・甲子園口で顔のむくみ解消をお考えの方はChuRa鍼灸院 西宮北口へお越し下さい 朝起きたら…続きを読む ≫

  Top